【感想】「クリミナルマインド 」シーズン14 ついにJJの姉の死の真相が判明!

movie・drama

ついに配信されました!!クリミナルマインド シーズン14

今シーズンは、JJの姉の自殺理由が判明します(てっきり明かされないままだと思っていた笑)

スポンサーリンク

シーズン14のレギュラーメンバー

13から引き続きと言う感じでしたね

エミリー・プレンティス(演:パジェット・ブリュースター)

BAUのリーダー。語学の達人かつめちゃんこ美人。独身。

今シーズンは、ついに、恋人が、、?

デヴィッド・ロッシ(演:ジョー・マンテーニャ)

恋多きベテランプロファイラー。作家でもある。

シーズンごとに付き合ってる女性が違うし、バツ3。

もちろん今シーズンでも恋愛模様に進捗あり笑 でもね、恋愛シーンが絵になるのよね、、

Dr.スペンサー・リード(演:マシュー・グレイ・ギュブラー)

天才くん。毎回拉致される。今シーズンも同様に攫われる。

CV森久保祥太郎をわすれてしまうくらいぴったりなので、吹き替えでもみてほしい!

ジェニファー・ジャロウ(演:A・J・クック)

通称JJ。もとは広報だったとは思えなくらい成長した。2児の母。

ペネロープ・ガルシア(演:カーステン・ヴァングスネス)

推し。かわいい。テクニカルアナリスト。

彼女のユーモアとパソコンスキルはチームを救う

Dr.タラ・ルイス(演:アイシャ・タイラー)

司法心理学者。彼女の異性関係が明かされる

ルーク・アルヴェス(演:アダム・ロドリゲス)

どうしてもCSIがよぎる。彼女との関係に変化が。

マシュー・“マット”・シモンズ(演:ダニエル・ヘニー)

FBI国際捜査班(IRT)の解散に伴い(スピンオフ作品が打ち切り)BAUに転属という、大人な理由で加入。

演じているダニエル・ヘニーは、「私の名前はキム・サムスン」で見たことがあるひとは多いかも。(わたしは、HAWAII FIVE-0の印象がつよい)

【ネタバレあり】個人的ベスト3

ここからネタバレ含みます

【第1位】第7話 27分

あらすじ

ワシントンDCのK通りで、ナタを使った殺人事件が発生する。

公衆の面前で行われた残忍な犯行は、27分ごとに起きていた

感想

犯人の目的がはっきりしていること、ミステリとても面白かったこと、レギュラーメンバーの恋話があったことから1位にしました

犯人は、黒人の兄弟。一番下の弟が、救急車が来ずに死んでしまいます。救急車がきたのが通報してから、27分後。

富裕層を、貧しい地域で襲い通報する(逆もしかり)ことで、地域によって、命の選別が行われていることを訴えるための犯行でした。

また、エミリーに恋人ができるんです♡このシーンはぜひみて♡

【第2位】第5話 背の高い男

あらすじ

ペンシルベニア州イーストアレゲニーで、パーティーに出かけた女子2人が拉致監禁される。

イーストアレゲニーは、JJの地元。そして姉の死の真相が語られる。

感想

これは長年の疑問が解決されたので選出。

JJの姉は、自殺をしており、JJの人生に多大な影響を及ぼしています。これまでずっと明かされなかった自殺の真相が明かされました。

犯人は、JJの恩師。女子高校生を食い物にし、戦利品として、関係を持った女の子にネックレスを送っていました。

拉致監禁に至った理由は、好調の現在の相手であるベサニーとの関係の証であるネックレスを、チェルシーに隠されてしまったこと。校長は、ベサニーをうまく使いチェルシーを極限の状態に置くことで、場所を吐かせようとします。

JJの姉も被害者の一人。彼女は、妹を守るため校長からもらったネックレスをJJに渡し、自殺をします。

途中で校長が犯人ねぇ~となるので、ミステリとしてはややイマイチでしたが、自殺理由がわかってよかったです。

【第3位】第13話 カメレオン

あらすじ

テネシー州で起きた火災現場から、顔の皮がはがれた遺体がみつかった。

調べるうちに他にも被害者がいるようで。。

感想

シーズン12の2「深夜の語らい」を思い出すような展開。

傷心のロッシが、婚約者・クリスタルに事件を語り始めるところからはじまります。

また、ひっかき男・キャット以来のシーズンを跨ぐ悪役の登場。

女性を信じ込ませ、プロポーズをしその後顔の皮をはいで殺害する残忍な手口。。ではあるものの、ほかのシーズン跨ぐ犯人に比べて弱いかも。

ほかのエピソードのあらすじと感想

第1話 奪われた舌骨

あらすじ

シーズン13からの続き

殺人カルト教団の教祖ベンジャミン・メルヴァ。信者であるFBI捜査官メドウズの手引きで逃亡する。また、リードとガルシアがさらわれてしまう。

感想

リード何回目かの拉致。リードも慣れたけど視聴者もなれましたね笑

ちなみに、この教団は、シーズン4の3「カルト教団の行方」の残党です。この回でも、リードさらわれておりました。信者の少女が自殺するラストシーンは、視聴者にトラウマを与えました。

第2話 ミイラ屋敷

あらすじ

サウスカロライナの古民家からミイラ遺体が大量に発見される

現在も殺人が継続して行われていた

感想

個人的クリミナルマインドあるある・殺人が継承される系でした

家でした娘の身代わりに同年代の女性を娘同様にもてなし、最終的に殺していた夫婦

現在は、その孫が母を求めて殺人を続けていました。いい年した男が、拉致女性に、甘えている姿は鳥肌もの。

第3話 死体配達人

あらすじ

ワシントンDCで、男性の体の遺体の一部が6人に届けられた

どうやら犯人は、プレゼントだとおもっているようで。。

感想

犯人は、エリートなのに考えていることがぶっ飛んでいる人

全体的に、意味不明すぎた

第4話 無垢なるもの

あらすじ

フロリダ州タラハシーの森で主婦が殺害される

儀式的な殺害方法、そして主婦の姉も続けて殺されてしまう。

感想

「無垢」という単語×クリミナルマインド =狂気

主婦の息子が犯人で、父とつながりがないことから母の不貞を知ってしまった故の犯行

少年の殺人もの自体は、既出なので、あんまり新鮮味はなかったかも

シーズン2の6「森の中の殺人」やシーズン4の21「灰色の陰」あたりが少年犯人ですね

第6話 ルーク

あらすじ

ルークがついに、同棲スタート!でも過去に逮捕した犯人がじわりじわりと近づいてきていた

感想

フィルがあっけなく死んでしまって悲しい。。

ガルシアとくっつくと思っていたのに。。泣いちゃう。

第8話 理想の家族

あらすじ

ニュージャージー州のプリマスで夫婦が殺害され、8歳の女の子が拉致される事件が発生。その直後同様の事件が発生する。

共通点は、少女が養女であること

感想

自分の家族を取り戻すために、犯行を重ねる犯人の壊れていく姿は、狂気でした。

第9話 折れた翼

あらすじ

ルイスの別れた夫・ダリルがやってくる

ダリルが、薬物依存治療中患者の連続不審死についてルイスに相談するが。。

感想

結構えぐい事件でしたが、ルイスに離婚歴があることにびっくりしてしまった。

第10話 肉と血

あらすじ

メリーランド州で2人の男が殺される

どちらも全身の骨が砕かれ、心臓が抜かれていた。。

感想

こちらも過去回からやってきた犯人

シーズン3の2「BAUの危機」の犯人の息子が犯人

そそのかされて、犯行を重ねてしまうのですが、骨を粉々って、ほんとうもう。。

第11話 闇に潜むハンター

あらすじ

オレゴン州ポートランドの民家に男が助けを求めた

捜査を進めるうちに夫婦を標的にした事件だということがわかる

感想

動機不明瞭で進む展開。なかなかに楽しかったです。

弱視の犯人が被害者を追い詰める光景はだいぶ怖め

第12話 ハーメルンの笛吹き男

あらすじ

アイオワ州ウエッサーで、ひと晩に3人の子供たちが消えてしまう

子供たちが自分から犯人のもとへ向かった姿は、まるでハーメルンの笛吹き男みたいで。。

感想

ハーメルン、犯罪臭ぷんぷんするのに、クリマイで使われてなかったかも!

街の人に親切にしていた男性が、あらぬ疑いをかけられてしまい、息子が自殺。それの復讐のために、ハーメルンのように「大切なもの(子供)」を奪いに来ます。

ただ、子供を誘導する方法がこれで本当にいうこと聞くんか?という感じでした

第14話 悪霊の住む家

あらすじ

メイン州ルイストンで、連続殺人事件が発生する

被害者が住んでいた家が、幽霊屋敷のようで。。

感想

とりつかれた女性教授が犯人で、ワケガワカラナイヨという感じでした

第15話 究極の選択

あらすじ

衝突事故を起こして相手ドライバーを殺害する事件が立て続けに発生。

殺人犯は、何者かの指示に従っていただけということがわかる

最終的に、人質事件を起こした犯人。そして人質になったリードとJJ。JJはある告白をする。

感想

リード、めっちゃJJのことすきだったな(いにしえの記憶)という感想しか出てこない回でした笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました