【映画感想】「ちょっと思い出しただけ」誰もが戻れない過去を思い出す恋愛映画

邦画

こんばんは、ぬんです

「ちょっと思い出しただけ」見てきました!

スポンサーリンク

視聴方法

映画館

鑑賞前に注意したいこと

特にないと思います

日常が続く感じです

概要

公開年

2022年

監督

松居大悟

あらすじ

照明スタッフの照生と、タクシードライバーの葉。

物語はふたりが別れてしまった後から始まり、時が巻き戻されていく。

愛し合った日、喧嘩した日、冗談を言い合った日、出会った日・・・

コロナ禍より前の世界に戻れないように、誰もが戻れない過去を抱えて生きている。

そんな日々を”ちょっと思い出しただけ”。

公式サイト より引用

出演者及び役柄紹介

佐伯照生(演:池松壮亮)

証明師。野原葉(演:伊藤沙莉)の元カレ

野原葉(演:伊藤沙莉)

タクシー運転手。佐伯照生(演:池松壮亮)の元カノ

泉美(演:河合優実)

佐伯照生(演:池松壮亮)の後輩

さつき(演:大関れいか)

野原葉(演:伊藤沙莉)の友人

康太(演:屋敷裕政)

野原葉(演:伊藤沙莉)と偶然出会う

ミュージシャンの男(演:尾崎世界観)

意外とよく出てくる笑

牧田(演:市川実和子)

証明師

中井戸(演:國村隼)

佐伯照生(演:池松壮亮)行きつけのバー?の店主

ジュン(演:永瀬正敏)

佐伯照生(演:池松壮亮)の近所にいる男

【ネタバレあり】感想

深夜にお酒飲みながら、しっぽり見返したい。。

7/26を軸にして一年前一年前と戻っていく作品。結末(別れること)は決まっているものの、伏線やオマージュもあり楽しめました

本作は、佐伯と野原の恋愛がメインですが、「佐伯の挫折」や「人々の変化」ついても描かれています

どんどん過去へ、そして現在へ

本作は、どんどん過去へと戻っていきます

タイトル通り「ちょっと思い出しただけ」であるのが作品のよさというか、エモさ?みたいなものを感じます

最後には野原葉(演:伊藤沙莉)は康太(演:屋敷裕政)と結婚して子供がいることが明らかになり、佐伯照生(演:池松壮亮)のいない人生をしっかり歩み始めています

ほんとに、元カレのことをちょっと思い出して、ケーキを買ってくるだけなんです

夢って呆気なくダメになったりする

佐伯照生(演:池松壮亮)は、ダンサーを目指しています。ですが怪我をしてしまい夢を諦めることになります

その象徴がケーキで、「夢のためならケーキも我慢できた」と口にしているように、ダンスのためならなんでもできたわけです

怪我をして誕生日ケーキを1人でガツガツ食べているシーンは過去に戻るほどじわじわきます(ダンサー時はケーキをあまり口にしていません)

タクシーの乗客、近所の人、友人

2人の恋人関係がメインですが、サブキャラクターがめちゃくちゃ多い

ジュン(演:永瀬正敏)

佐伯照生(演:池松壮亮)の近所のベンチに座る男

2021年の時点でマスクをせず、掃除のおばさんの邪魔をするちょっとやばい人として登場します

実は、死んだ妻を待っていることがわかり、過去に遡るにつれて無事会えたように見える演出です

タクシーの乗客

野原葉(演:伊藤沙莉)は、タクシーの運転手。さまざまな乗客が乗ってきます

塾に行くためにタクシーに乗る小学生とか、不倫してる会社員とか もうほんとにいろいろ

酔っ払い3人組(渋川清彦など)を乗せ、そのうちの離婚した人は、実は佐伯照生(演:池松壮亮)の前の住人だったり

把握できるだけで色々あったので、また見たいと思いました

そのほか

告白のシーンと別れのシーン

最近公開された作品で近い内容だと「花束みたいな恋をした」とか「明け方の若者たち」があるのですが、対照的に「ちょっと思い出しただけ」は告白のシーンと別れのシーンがない!

7/26は、佐伯照生(演:池松壮亮)の誕生日でもあるんですが、出会いがあった日なんですよね

告白や別れよりも出会いに重きが置かれるように感じました(康太(演:屋敷裕政)と出会った日でもあるし)

シロクマwww

佐伯照生(演:池松壮亮)のバイト先が水族館で、閉館時に侵入します

いい雰囲気になるのですが、シロクマに見つめられるというシーンがあって、わたしはシロクマに同情するよww

、成田凌!

佐伯の友人として成田凌が出てくるんですが、こういう役ほんとうまいよね、、という役なので是非見てほしい

【まとめ】

いい感じで「クリープハイプ」の音楽が入って、視聴者は「ちょっと思い出す」に違いないという展開

ディテールまでこだわりを感じる作品で、もう一度みたいと思える作品でした

コメント

タイトルとURLをコピーしました