【映画感想】「オペレーション・ミンスミート ―ナチを欺いた死体―」

洋画

こんばんは、ぬんです!

「オペレーション・ミンスミート ―ナチを欺いた死体―」をみてきました!

スポンサーリンク

視聴方法

映画館

鑑賞前に注意したいこと

スパイ同士の心理戦やアクションなどハラハラドキドキの展開を求める場合は避けた方が良いです

最低限の第二次世界大戦の知識は必要。日独伊三国同盟とか、ヒトラーとか、チャーチルとか

オペレーションミンスミートを知っていると展開は読めてしまうので、その辺はお好みで

遺体のシーンはグロいかもしれない。。

概要

公開年(日本)

2022年

監督

ジョン・マッデン

あらすじ

あなたは、第二次世界大戦の行方を変えた奇想天外な欺瞞作戦を知っているだろうか?英国諜報部(MI5)は、ある奇策をチャーチル首相に提案する。高級将校に仕立てた“死体”にニセの機密文書を持たせ地中海に放出、ナチス、ヒトラーを騙そうというのだ。この極秘作戦は、各国間の駆け引き、策略、そして裏切り合戦へと発展していく——。

1943年、打倒ナチスに燃えるイギリス軍はドイツ軍の防備に固められたイタリア・シチリア島を攻略する計画を立てていた。そこで英国諜報部のモンタギュー少佐(コリン・ファース)、チャムリー大尉(マシュー・マクファディン)、イアン・フレミング少佐(ジョニー・フリン)らが練り上げたのが、欺瞞作戦“オペレーション・ミンスミート”だ。“イギリス軍のギリシャ上陸計画”を示す偽造文書を持たせた死体を地中海に流し、ヒトラーを騙そうとする奇策だ。彼らは秘かに入手した死体を名付け、100%嘘のプロフィールをでっち上げていく。こうしてヨーロッパ各国の二重三重スパイたちを巻き込む、一大騙し合い作戦が始まるが——。

戦後長らく極秘扱いされていた驚愕の作戦の全容がいま明らかに——。

公式サイト より引用

出演者及び役柄紹介

ユーエン・モンタギュー少佐(演:コリン・ファース)

元弁護士の諜報部員

家族はアメリカに避難している

チャールズ・チャムリー空軍大尉(演:マシュー・マクファディン)

作戦の中心人物。兄が戦死

ジーン・レスリー(演:ケリー・マクドナルド)

海軍省勤務。偽装死体の恋人パムとして、写真を提供

ヘスター・レゲット(演:ペネロープ・ウィルトン)

モンタギューの秘書。作戦でもサポートする

イアン・フレミング少佐(演:ジョニー・フリン)

後の「007」シリーズの原作者。奇策の立案者

ジョン・ゴドフリー:M(演:ジェイソン・アイザックス)

イギリス海軍提督。「007」シリーズのMのモデルである

【ネタバレあり】感想

元々の作戦が派手な作戦なわけではないので、アクションとかは一切ないですが、重々しい雰囲気で進む本作はとても見応えがありました

「007」の作者であるイアン・フレミング少佐から語られる形で進むため、「007」に影響があったんだろうなと思われる描写もありました

オペレーションミンスミート

ミンスミート(mincemeat)とは、ひき肉のことなんだそう

ざっくりオペレーションミンスミート

シチリア(イタリア)の制圧は、連合国側(イギリスなど)の重要な要であったが、ドイツ側にも重要な拠点でもありました

連合国側は、ドイツ軍と正面衝突は避けたいと考えており、かつ、シチリアからどうにかしてドイツ軍を撤退させたいと考えます

そこで、オペレーションミンスミートが実行されました

偽装死体に、イギリスがサルデーニャ(イタリア)とギリシャに侵攻させる旨の文書を持たせます

そして、ドイツ軍を騙すことに成功し、見事シチリアを制圧しました

この作戦は、作戦後にも大きな影響を与え、ドイツ軍はいかなる文書も信じなくなるなどの功績を収めました

現実と物語が混濁していく

偽装死体・マーティン少佐の架空の物語を考えて作っていくうちに、現実とマーティン少佐の物語の境目が曖昧になっていきます

マーティン少佐とパム(こちらも実在しない)の悲恋物語にどんどん肉付けが進んでゆき、現実ではモンタギュー少佐(既婚者)・チャムリー空軍大尉・レスリーの三角関係が。。

現実と物語がごっちゃになるのはわかるんですが、恋愛シーンの尺が妙に長くて他のシーンをもっと欲しいなと思いました

それに、コリン・ファースの恋愛シーンもいいんですが、ちゃんとしたラブコメで見たい笑

ここに長々と尺を使うのではなくて、ドイツ側の描写や今回大活躍したスペインのイギリス人にスポットをあててもよかったんじゃないかなと個人的に思いました

戦争と人々

戦争がメイン3人(モンタギュー少佐・チャムリー空軍大尉・レスリー)の生活にどう影響したかも描かれています

少佐は家族と離れ離れになり、弟は共産主義者のスパイだと疑われてしまいます

大尉は兄を失い、母の心にはポッカリ穴が。。

というように、現代の日本ではありえないような出来事が多々起こります

戦争を終わらせなければならないという強い意志、作戦にかける想いを感じられる映画でもありました

少佐の弟がどうなったのか気になる。。

【まとめ】「オペレーション・ミンスミート ―ナチを欺いた死体―」

淡々と続く展開でしたが、見応えがありました

「キングスマン」最新作(=アクションするコリン・ファース)も楽しみにしようと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました