【映画感想】「すばらしき世界」罪を犯した男を通して描かれる残酷な現実と少しの希望

邦画

こんばんは、ぬんです

2月11日より公開している「すばらしき世界」を見てきました

本作、「パラサイト」などで知られるポン・ジュノ監督がコメントを寄せています。とっても楽しみにしていた作品です

スポンサーリンク

視聴方法

映画館にて

鑑賞前に注意したいこと

暴力シーンやソープのシーンはあります

明るい楽しいみんな元気でやっていこうぜ!的な映画ではないです

ヤクザの生きにくさも少し描いています。「ヤクザと家族」を見た時に疑問に思った点があったのでまとめてみましたのでよかったら。

ヤクザと家族 見る前に読みたい 現代ヤクザの実体と法律関係まとめ
こんばんは ぬんです先日「ヤクザと家族 The Family」を見ました面白かったです!!さて、今作3つの時代に分かれてます最終パート2019年では、暴力団・元暴力団員の生きにくさ、苦悩について描かれており...

概要

下町でひっそりと暮らす三上(役所広司)は、人生の大半を刑務所ですごした男。そんな男の出所後の物語。

制作年

2021年

監督

西川美和

あらすじ

出演者及び役柄紹介

三上正演:役所広司)

人生の大半を刑務所で過ごしてきた元殺人犯。子供の頃から刑務所に出入りしていた。ヤクザの鉄砲玉のような仕事もこなす。

真っ直ぐな性格だが、感情を抑えることが苦手。(劇中にて感情のコントロールができないのは、母親のネグレクトの可能性が高いと示唆されています。)

乃田龍太郎(演:仲野大賀

小説家を夢見るTVディレクター。三上を取材することになる。

庄司勉:橋爪功)

三上の身元引受人。

庄司敦子(演:梶芽衣子)

庄司勉の妻。歌がうまい。

松本良介(演:六角精児

三上のよく行くスーパーの店長。店のエプロンが妙に似合っている。

井口久俊(演:北村有起哉)

ケースワーカー。最近ヤクザ役とかプロデューサー役でみた気がする。

吉澤遥(演:長澤まさみ)

TVプロデューサー。さりげないボディタッチの達人。思ったより出番はない。

感想

役所広司をはじめとする豪華俳優陣のすばらしき演技によって世界観に引き込まれていきました。

三上が目の前にいるそんな感覚に陥る素敵な映画です。

ネグレクトや貧困など思い社会問題を扱いつつ、コミカルなシーンもありとてもおもしろかったです。

下記からネタバレ含みます

普通に生きるとは?を考えさせられる

三上はカタギで生きて行くことを決意する

職業や生活が、まっとうで、着実なこと。また、そういう人。

カタギ(堅気)コトバンク

旧知の下稲葉組の逮捕を間近でみた三上。周りの支援にも支えられカタギで生きようと決意します。

彼が決めた就職先は介護アシスタント。時給は最低賃金レベル。この介護施設では障害者を雇用しています。三上は障害のある職員を別職員が殴っているのをみかけます。

固い決意をした三上は、いじめを黙認。同僚たちと自分の思っていることとは違う上部だけの会話をするのですが、三上は晴れやかではありません。

カタギの世界は、我慢の連続

さて、自分の意見とは合わないけれど適当に相槌打ってやり過ごすシーン。これ、誰もが少なからず経験があるのではないでしょうか?

三上のように、虐待を受けていなくても、前科がなくても、ハンディがなくても生きにくい世の中。

カタギの世界のキャラクターもどこかしらで生きにくさや我慢を感じているところがあるように描かれています。

例えば、長澤まさみ演じる・吉澤遥も、生きにくいという趣旨の発言をしています。(吉澤遥の発言のほとんどは番組を成功させるための詭弁ですが、ここは本音かと思われます)

カタギを切望する三上ですが、カタギも良いわけじゃない。むしろ辛い。

カタギとは真逆の世界で生きてきた三上から描かれる「カタギの世界」。普段私たちが、当たり前のように自分を押し殺して合わせている奇妙さのようなものを浮き彫りにしています。

それでもやっぱり「すばらしき世界」

三上は、一見孤独そうな人生を歩んできましたが、出所後彼をたくさんの人が助けてくれます。

身元引き受け人の庄司(橋爪功)やスーパー店長の松本(六角精児)などなど。三上と関わらずに生きていくことだってできたはず。面倒ごとに巻き込まれる可能性だって高いのに、彼らは三上を助けます。

三上を気にかける人たちがいるからこそ刑務所にで戻ることなく、介護敷設で働くとことができたんだと考えられます。

ここまでみんなが助けてくれる展開は(三上の真っ直ぐな性格にひかれたことを差し引いても)フィクションかなぁとおもったりしましたが、日常生活でも少しあるはず。

生きている中で、理不尽なこととかやるせないことってあると思います。でも何気ない優しさに救われたりするものです。

まとめ

殺人犯三上からみる世の中の不条理・生きづらさ。

三上は見ている世界は、紛れもなく私たちが生きている現実そのものです。

他人事ではなく「すばらしき世界」に生きる私たちにささる映画でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました