【映画感想】「アキラとあきら」爽やかな池井戸作品!竹内涼真×横浜流星の熱いドラマ!

スポンサーリンク
邦画
映画イベント割についてのまとめはこちらから!
スポンサーリンク

視聴方法

映画館

鑑賞前に注意したいこと

特にないです

簿記の知識が全くないと、きついのでは?と思いました(貸借対照表とか説明ゼロなので)

概要

公開年

2022年

監督

三木孝浩

あらすじ

父親の経営する町工場が倒産し、幼くして過酷な運命に翻弄されてきた山崎瑛〈アキラ〉。大企業の御曹司ながら次期社長の椅子を拒絶し、血縁のしがらみに抗い続ける階堂彬〈あきら〉。運命に導かれるかのごとく、日本有数のメガバンクに同期入社した二人は、お互いの信念の違いから反目し合いながらも、ライバルとしてしのぎを削っていたが、それぞれの前に〈現実〉という壁が立ちはだかる。〈アキラ〉は自分の信念を貫いた結果、左遷され、〈あきら〉も目を背け続けていた階堂家の親族同士の骨肉の争いに巻き込まれていく。

そして持ち上がった階堂グループの倒産の危機を前に、〈アキラ〉と〈あきら〉の運命は再び交差する ‒‒

公式サイト より引用

出演者及び役柄紹介

山崎瑛(演:竹内涼真)

主人公。お人好しがすぎる。左遷となるが、成果を上げて戻ってくる

階堂彬(演:横浜流星)

御曹司。合理的だが、家族を大事にしてたり熱い

横浜流星に配役決めた人、ボーナスもらった方が良い

階堂龍馬(演:高橋海人)

階堂彬(演:横浜流星)の弟。兄対してクソでコンプレックスを抱いている

キンプリの高橋くんだとわかるまで、時間がかかった笑 若いのに演技上手なんですね

山崎孝造(演:杉本哲太)

山崎瑛(演:竹内涼真)の父。町工場を経営していたが、破綻する

山崎淑子(演:酒井美紀)

山崎瑛(演:竹内涼真)の母

保原茂久(演:塚地武雅)

山崎孝造(演:杉本哲太)の工場で働く

衝撃のジョブチェンジ(牧師)

階堂一磨(演:石丸幹二)

階堂彬(演:横浜流星)の父

相棒好き民としては、真っ当な役でびっくり

階堂晋(演:ユースケ・サンタマリア)

階堂彬(演:横浜流星)のおじ①

階堂崇(演:児島一哉)

階堂彬(演:横浜流星)のおじ②

不動公二(演:江口洋介)

山崎瑛(演:竹内涼真)の上司。「確実性」が口癖。絶対裏で「確実性」の物真似されてる

水島カンナ(演:上白石萌歌)

山崎瑛(演:竹内涼真)の後輩

登場初っ端からセクハラにあってて、カンナ頑張れってなる

社長(演:山寺宏一)

ビール会社(だったと思う)の社長

声が特徴的すぎて、情報が入ってこない笑

感想

さわやかな池井戸潤もありよね!!

爽やかな池井戸作品

「土下座ー!!」の池井戸潤orミッチーがゲロゲロする池井戸潤(七つの会議)など、さわやか度数少なめの池井戸潤さん原作作品ですが、本作はだいぶ高め

それもそのはず。山崎瑛(演:竹内涼真)と階堂彬(演:横浜流星)が主人公で爽やかなわけないじゃない!

幼少期偶然(物理的に)すれ違い、性格も真反対、敵対する関係にあった2人が、手を取り合って難事件を解決する。原作ジャンプ漫画でしたっけ?

そんなわけで、展開は分かりやすく、「僕たちは伏線です!」という感じで伏線が出てきたり、弟のクソデカ感情に振り回されたり、これがまたよかったです

ツッコミどころはぼちぼちある

銀行員個別株持てるのか問題

詳しい方いたら教えて欲しいんですが、階堂彬(演:横浜流星)って実家の会社の株持てるんですか??業務的に持てる銀行員なの?

おじたちよ、なぜ下田に

本作のキモなのに、1番の謎でした

まぁ、同族経営はうまくいかないのかもですね

映画イベント割についてのまとめはこちらから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました