【映画感想】「マスカレード・ナイト」犯人はだれ?前回以上にあてるのは難しいぞ!

ミステリー

こんばんは、ぬんです!

楽しみにしていた「マスカレード・ナイト」さっそく見に行ったので、感想をまとめました!!

スポンサーリンク

視聴方法

映画館

鑑賞前に注意したいこと

特にありません。殺害シーンもグロさなどはありません。

前作未読でも問題なく視聴可能ですが、みたほうが断然面白いです

キャラクターが多めなので、ざっとキャラクターを確認しておくのが無難

概要

東野圭吾の同名小説を実写化。

公式サイト

映画『マスカレード・ナイト』公式サイト (masquerade-night.jp)

公開年

2021年

監督

鈴木雅之

あらすじ

ある日、警察に届いた匿名の密告状。それは、数日前に都内マンションの一室で起きた不可解な殺人事件の犯人が、12月31日にホテル・コルテシア東京で開催される年越しカウントダウン・パーティー、通称「マスカレード・ナイト」に現れる、というものだった。

大晦日当日、捜査本部に呼び出された警視庁捜査一課の破天荒な刑事・新田浩介(木村拓哉)は、かつての事件同様、潜入捜査のためホテルのフロントクラークとして働くハメに。優秀だがいささか真面目過ぎるホテルマン・山岸尚美(長澤まさみ)と事件解決にあたるが、パーティーへの参加者は500名、全員仮装し、その素顔を仮面で隠している。次から次へと正体不明の怪しい人間がホテルを訪れる状況に、二人はわずかな手がかりすら掴めずにいた…。

刻一刻と迫り来るタイムリミット。増え続ける容疑者。犯人の狙いは?密告者とは?残されたわずかな時間で、新田と山岸は顔も姿もわからない殺人犯の「仮面」に隠された「真実」に辿り着くことができるのか?

公式サイト より

出演者及び役柄紹介

警察関係者

新田浩介(演:木村拓哉)

捜査一課の刑事。主人公

能勢(演:小日向文世

捜査一課の刑事

前作に引き続き本作も外から情報をしいれてくる担当

本宮(演:梶原善

捜査一課の刑事

関根(演:泉澤祐希

捜査一課の刑事

本作の真のヒロイン(個人の感想です)

尾崎(演:篠井英介

捜査一課管理官

稲垣(演:渡部篤郎

捜査一課係長

ホテル関係者

山岸尚美(演:長澤まさみ

ホテル・コルテシア東京のコンシェルジュ

長澤まさみの他作品
久我(演:東根作寿英

ホテル・コルテシア東京のフロントクラーク

川本(演:石川恋

ホテル・コルテシア東京のフロントクラーク

氏原祐作(演:石黒賢

ホテル・コルテシア東京のフロントクラーク

藤木(演:石橋凌

ホテル・コルテシア東京の総支配人

宿泊客

秋山久美子(演:田中みな実

注文の多い客①

日下部篤哉(演:沢村一樹

注文の多い客②

曽野昌明(演:勝村政信

智子の夫

曽野万智子(演:木村佳乃

昌明の妻

木村佳乃の他作品
狩野妙子(演:凰稀かなめ

日下部篤哉(演:沢村一樹)の連れ

仲根緑(演:麻生久美子

注文の多い客③

余談ですが、「あのときキスしておけば」面白かったです~

金曜ナイトドラマ『あのときキスしておけば』|テレビ朝日 (tv-asahi.co.jp)

貝塚由里(演:高岡早紀

一人で来ているようだが。。

浦辺幹夫(演:博多華丸

怪しい客(今思言えせば、とある県からきた刺客だったのかもしれない)

そのほか

奥田真由美(演:中村アン

ダンスインストラクター

【ネタバレあり】感想

前作同様とても面白く、安定と信頼の東野圭吾原作!

新田浩介(演:木村拓哉)と山岸尚美(演:長澤まさみ)掛け合いも最高でした!

警察とホテルマン、仕事内容は全く違えど「ホテル客を守りたい」という思いは同じなんだ!(唐突の謎語尾)

メンツ的に「HERO」に見えたり、「コンフィデンスマン」に見えたりする映画でもありますね

あと、ぐんまちゃーんって叫びたくなった人、同志です笑

伏線が秀逸

山岸尚美(演:長澤まさみ)の時計が遅れている。今回これが一番重要な伏線になっています。

「祖母の形見なんですよ」「ホテルマンは時計に頼ってはいけない(お客様が時計をみているホテルマンをみて落ち着けない)」など結構強調されていて、なんだろうな~と。

(今回も)犯人に殺されかけるんですが、時計のおかげで命拾いします。

今回も登場 明石家さんま

前作に一瞬だけ登場して、話題となった明石家さんま。今回も登場します。

今回はとってもわかりやすいので是非見に行って確認してくださいね!

個性は揃いの宿泊客

本作の魅力の一つ「無理難題いう客」。実際のホテルではどこまで対応してくれるかは不明ですが、わたしがホテルマンで、毎日こんな客来たら正直病みそう笑

山岸尚美(演:長澤まさみ)は絶対に無理と言わないという信条で働いているので、客の無理難題を解決します。

これがまた、華麗に解決するんですね。アナザーストーリーで、山岸がお客様の無理難題を解決する話みたいです笑

メインキャラクターの進退も

山岸尚美(演:長澤まさみ)のホテル・コルテシア・ロサンゼルス行きがきまります。

迷惑な客・日下部篤哉(演:沢村一樹)が実はロサンゼルスの人間で、無理難題をいって実はテストをしていたことを明かします。

第3作があるとしたら、ロサンゼルスから帰ってきた後なのか、それともバディ交代なのか楽しみです

ちょっと謎は残った

全体的には大満足だったんですが、少し気になるところも。

冒頭のシーン

最初に新田浩介(演:木村拓哉)と奥田真由美(演:中村アン)が踊っているシーンがあるんですが、あれは何だったんだ。。。(解説求む)

犯人の動機

犯人は、仲根緑(演:麻生久美子)。実はトランスジェンダーで、普段は男性として生活しており交際していた女性を殺害。

最愛の妹がレイプ事件で、自殺をしてしまいます。妹の代わりを探し求めていたが交際相手は妹の代役にはならず。。

妹の代わりとなる人を殺すかな。。精神的に病んでいて交際相手が思い通りにいかず、衝動的に殺害とかならわかります。ただ、タイマーを使って計画的に丁寧に殺しているんですよね(犯行現場を見られて、強請られてしまうので、詰は甘かった気がしますが。。)

あくまで、わたしの推測ですが、もし仲根緑(演:麻生久美子)が妹の自殺にかこつけて、女性連続殺人を行っていたなら、辻褄が合うような気がします。警察との勝負を妙に楽しんでいる節がありましたし、人を操るのが上手で、妹の復讐だけが動機とは思えませんでした。

話の構成上仕方なかった部分もありますが、「トランスジェンダー」とかの情報が後出しで「ふえぇ?」となってしまいました。(ほんとの最後のほうまで、未亡人という設定で出てきます。ただ、旦那となっていたひとは実在していたので、このへんは本当に用意周到ですね)

コメント

タイトルとURLをコピーしました