【映画感想】「ベイビー・ブローカー」是枝監督最新作!ラストシーンを考察

スポンサーリンク
韓国
映画イベント割についてのまとめはこちらから!

こんばんは、ぬんです

「ベイビー・ブローカー」見てきました!

スポンサーリンク

視聴方法

映画館

鑑賞前に注意したいこと

特にないです。明るい話ではないです

概要

公開年

2022年

監督

是枝裕和

あらすじ

古びたクリーニング店を営みながらも借金に追われるサンヒョン(ソン・ガンホ)と、〈赤ちゃんポスト〉がある施設で働く児童養護施設出身のドンス(カン・ドンウォン)。ある土砂降りの雨の晩、彼らは若い女ソヨン(イ・ジウン)が〈赤ちゃんポスト〉に預けた赤ん坊をこっそりと連れ去る。彼らの裏稼業は、ベイビー・ブローカーだ。しかし、翌日思い直して戻ってきたソヨンが、赤ん坊が居ないことに気づき警察に通報しようとしたため、2人は仕方なく白状する。「赤ちゃんを大切に育ててくれる家族を見つけようとした」という言い訳にあきれるソヨンだが、成り行きから彼らと共に養父母探しの旅に出ることに。一方、彼らを検挙するためずっと尾行していた刑事スジン(ぺ・ドゥナ)と後輩のイ刑事(イ・ジュヨン)は、是が非でも現行犯で逮捕しようと、静かに後を追っていくが…。

公式サイトより 引用

出演者及び役柄紹介

梨泰院クラスのイ・ジュヨン、リュ・ギョンス (どちらもタンバムのスタッフ役)が出てくるので、そろそろパク・セロイが出てくるんじゃ、、?とか思ってしまいました笑

ハ・サンヒョン(演:ソン・ガンホ)

主人公。小さなクリーニング店を営む。ブローカーをしている。バツイチ。

ユン・ドンス(演:カン・ドンウォン)

養護施設の非正規職員。赤ちゃんの調達をしている

アン・スジン(演:ぺ・ドゥナ)

刑事

ムン・ソヨン(演:イ・ジウン)

赤ちゃんボックスに子供を置いた若い母親

イ刑事(演:イ・ジュヨン)

刑事

感想

話題になってるだけあって、面白かったです。

登場人物心理が痛いほどわかる

登場人物は少なくないものの、丁寧に深掘りされていて、「あーだからこの行動を。。」みたいになります

「母親が赤ちゃんボックスに子供を預けた」という事実から、なぜ預けることになったのか?育てられない環境に至った経緯は?など、丁寧に深掘りされています

「ん?こいつ何しにきた?」みたいな部分がなく、どの立場にもある程度の理解ができる。うまい演出だと感じました

日本人監督ということもあり、「パラサイト」よりもわかりやすい社会の問題を描いておりました(個人的には「パラサイト」であれば”半地下家族”が理解しにくかかったですね)

次からはそれぞれの登場人物の役割的なところをまとめていきます

ユン・ドンス(演:カン・ドンウォン)の場合

物語の途中で、ドンスも赤ちゃんポストに預けられて育ったことが明かされます

ムン・ソヨン(演:イ・ジウン)と仄かな恋愛模様が描かれますが、ソヨンに恋愛感情があるというよりは、ソヨンに自分の捨てた母親の面影を感じています

迎えに来なかった母親を恨みつつも、恋焦がれているわけです。無責任にソヨンと一緒に育てようと言ったりするのは、年齢の割に幼いことと自分のような子供を増やしたくないというドンスの強い思いをよく表しています

アン・スジン(演:ぺ・ドゥナ)

彼女は、男社会で、頑張る女性像ではないでしょうか。本来なら華の殺人課にいけるものの、女性というだけで簡単な仕事(殺人課に比べてです)を回されていることが推察されます。ソヨンが起こした事件で、殺人課とのやりとりがありますか、そちらよりも成果を上げるという強い意志を感じます

話の後半で、DINKs(子どもを産まずに二人の生活を続けよう」と決めた夫婦)であることが明かされます。詳細は語られませんが、今後子供を産める状態ではなく、子供を捨てたソヨンに対して嫌悪(というか子供を持てることへの嫉妬)をあらわにしています

ムン・ソヨン(演:イ・ジウン)

彼女は実子をめちゃくちゃ愛しています。赤ちゃんボックスにおいたのは、殺人犯の子供として育てたくないため・自分で育てるよりは良いという行動ゆえです

「赤ちゃんを捨てた」という事実だけを見れば、なんで?と思いますが、子供のためを考えれば最善の選択です

また、生きるために手段を選ばず、(正確には選べなかった環境にあった)合理的に生きている描写が多いのに対し、お腹の子の父親の「堕ろせ」という態度にはどうしても我慢できなかったのではないかなと感じました

イ刑事(演:イ・ジュヨン)

韓国も未婚率が高い国なんですが、イ刑事は飄々と独身を謳歌している立ち位置です

メインの事件に1番客観的に考えている立場ともいえます

男性に不満を持つ「韓国女性たち」の容赦ない本音
2016年5月17日早朝、ソウル市・江南(カンナム)駅付近のあるカラオケボックスのトイレで、23歳の女性が刃物で切りつけられて死亡した。犯人の34歳の男性は、男女共用のトイレだったこの場所で、それまでにトイレ…

ラストシーン

ラストシーンは、刑期を終えたムン・ソヨン(演:イ・ジウン)がガソリンスタンドで働いていて、トラックの中から誰かが彼女を見守り終わります

トラックの持ち主は?

ハ・サンヒョン(演:ソン・ガンホ)と考えられます。彼だけは殺人を犯し逃亡しています。会いたい気持ちはありますが捕まることやみんなに迷惑をかけることから、車の外から覗いているのでは?と考えられます

ハ・サンヒョンが罪を犯した理由

サンヒョンには家族がいて、ギャンブルの借金が原因で離婚(明確な描写なし)しており、借金を返すために、赤ちゃんを売っています

赤ちゃんを売ることに対してのもちろん罪悪感がありますが、そこまでしても家族と元に戻りたいわけです

物語の後半、実の娘と話すシーンがあり、そこで「自分はいらないんだ」とさとるわけです

そのため、別の家族(ドンスたち)を助けるためにチンピラを殺害するわけです。。辛いぞ

最後に

人身売買、貧困と扱う内容は重いものの、笑いもあり最後まで楽しめる作品でございました

映画イベント割についてのまとめはこちらから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました