【映画感想】「スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム」初心者でも大満足でした

洋画

こんばんは、ぬんです

マーベル系疎いんですが、面白いとのことなので早速行ってきました

スポンサーリンク

視聴方法

映画館

鑑賞前に注意したいこと

過去作見なくても楽しめました

ただ、過去作見たくなります。非常に

概要

公開年

2021年(日本)

監督

ジョン・ワッツ

過去作も担当

出演者及び役柄紹介

ピーター・パーカー/スパイダーマン演:トム・ホランド、吹替:榎木淳弥)

主人公。高校生

ドクター・ストレンジベネディクト・カンバーバッチ、吹替:三上哲)

魔法使い。カンバーバッチがイケメン

MJ(演ゼンデイヤ、吹替:真壁かずみ)

ヒロイン

どうしても日本のMJ(松本潤)がちらつく

ネッド・リーズ(演:ネッド・リーズ、吹替:吉田ウーロン太

ピーターの友人

【ネタバレあり】感想

シンプルに面白かったです!

笑いあり、涙ありの映画でした

少年から「親愛なる隣人」へ成長

物語の始まりは、ピーター・パーカー=スパイダーマンと知られたことにより、ピーター・MJ・ネッドの3人の大学入試が不合格になってしまうという波乱の幕開け

ピーターは、ドクター・ストレンジに頼み込み、魔法でなんとか解決しようします。ただこれが仇となり、さまざまな世界線から悪役を引き寄せてしまいます

「With great power comes great responsibility」

本作にたびたび出てくる「With great power comes great responsibility」(大いなる力は大いなる責任が伴う)

力があるピーターには、隣人を守る責務があるわけです

ピーター・パーカーとしての人生、スパイダーマンの人生を両立しようと頑張りますが、最終的に後者を選びます

今回彼は人々(悪人も含め)助けるために、おばが死に、恋人と友人の記憶から消えるわけです

一人の多感な若者が、残酷な選択をし、「真の」ヒーローとなる結末でした(私ならスパイダーマンやめるかな)

ラストシーンの高卒認定試験テキストの映るシーンや恋人や友人の記憶から消えているシーンは、うるっとくること間違いないはずです

歴代スパイダーマン、敵登場

スパイダーマンシリーズは、いつみたかわからない「金曜ロードショー」の記憶とかUSJのアトラクションくらいのうっすらした知識がないのですが、それでもわかる有名キャラが続々登場します

今作で3代目のスパイダーマンな訳ですが、初代・2代目のスパイダーマンと共闘するシーンはさすがにグッとくるものがありました(初代・2代目とは世界線がちがうそうです)

わちゃわちゃしながら、共闘するシーンは非常によかったですし、過去作でできなかったこと(MJを救出するとか)を達成したり、なんだこのエモい展開は!となりました

最後に

歴代「スパイダーマン」を見ずにはいられなくなる映画

履修して、再視聴したいです

コメント

タイトルとURLをコピーしました