【映画感想】「奥様は、取り扱い注意」いつ久実(綾瀬はるか)は記憶を取り戻したのか考察!

邦画

こんばんは、ぬんです!

楽しみにしていた映画の一つ「奥様は、取り扱い注意」を見てきました!

スポンサーリンク

視聴方法

映画館

ドラマ版はHuluで配信しています

鑑賞前に注意したいこと

アクションシーンが苦手でなければ特になし。しっかりドラマのラストシーンの伏線回収もされました!

概要

2017年の同名ドラマの映画版。

公開年

2021年

監督

あらすじ

元特殊工作員の妻と現役の公安警察の夫。半年前、妻・伊佐山菜美(綾瀬はるか)は、記憶喪失にっていた。

出演者及び役柄紹介

伊佐山菜美及び桜井久実(演:綾瀬はるか)

元特殊工作員。今は記憶喪失中。

伊佐山勇輝及び桜井裕司(演:西島秀俊)

公安警察。県立高校の数学教師として潜入中。

矢部真二(演:鈴木浩介)

裕司と同じ高校の講師。現市長・坂上洋子(演:檀れい)の元夫。俳優さん的にどうしても裏があると思ってしまう人多数。(わたし調べ)

岩尾珠里(演:岡田健史)

カフェのオーナー。ひょんなことから久実と仲良くなる。

三枝礼子(演:前田敦子)

記憶を無くした久実のカウンセラー。

下記からネタバレ含みます

いつ久実(綾瀬はるか)は記憶を取り戻したのか

結論

市長選挙立候補者・五十嵐(演:六平直政)を助けようとした時。

そもそもの経緯

浅沼(演:佐野史郎)は、横尾(演:みのすけ)に新エネルギー反対派をどんな手を使っても潰すように命じます。

横尾は、暴力団を使って、新エネルギー反対派を文字通り黙らせようとします。そして、反対派の中心人物・五十嵐にも魔の手が迫ります。

五十嵐が襲われた際、久実はたまたまその場に遭遇してしまいます。そして暴力団に襲われそうになり、反撃にでます。その時に、昔の記憶がフラッシュバック。

そのあと病院に入院するのですが、「昔のことは思い出していない。」というのです。

理由

  • キャベツが上手に切れなくなる
  • オレンジページを捨てて自己流料理へ

理由その一

キャベツが上手に切れなくなる

記憶がある時(ドラマ版)のシーンでキャベツが上手に切れないシーンがあります。

(ただ、記憶が戻ってもキャベツは切れるのでは?とは思いました。)

理由そのニ

オレンジページを捨てて自己流料理へ

記憶が戻る前は、オレンジページ(料理本)を見ながら丁寧に料理をしています。

記憶が戻ったあとは、自己流オリーブオイルぶっかけ料理に笑

感想

夫婦のラブストーリー中心で展開しました。アクションや騙し合いを期待していると、元足りなさを感じるかもしれません。

ラストにどんでん返し

途中までは誰も裏切ることなく話が進んでいきます。

ラストは、劇中の番組が伏線だったり、神岡(演:鶴見辰吾)が裏切ったり、実は全て池辺(演:小日向文世)の手のひらで踊らされていたことがわかったり etc

ただ、岩尾(演:岡田健史)や矢部(演:鈴木浩介)、小林(演:浅利陽介)は特に裏切りなしだったので、若干物足りなさは感じました。

夫婦のラブストーリーが素敵

スパイものとしては、物足りなさを感じたものの、夫婦のラブストーリーとしては大満足でした。

2人の住む家のセットが素敵で、「絵に描いたような素敵な夫婦の家in田舎」なんですよね。

よくない方向に進む展開と夫婦の幸せな生活とのギャップが、もう幸せになってよ!頼むよ!という気分になりました

謎が少し、、

記憶を無くした久実。彼女は、カフェ経営を夢として掲げ、フランス語の店名をつけます。

最後フランスいっちゃうのかなぁと思っていたのですが、まさかのポルトガル。(なぜ)

【まとめ】奥様は、取り扱い注意 感想

ドラマ版未視聴でも、楽しめる本作。

映画館内も年齢層広めで、大人も子供も楽しめる展開でした。

ただ、ラブストーリーに話が寄っていたので、アクション!と思って行くとギャップを感じるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました