【映画感想】「もっと超越した所へ。」超越とは?なんなのか ラストで話が180度変わる恋愛映画

スポンサーリンク
邦画
映画イベント割についてのまとめはこちらから!

クズたちを見てきました!

スポンサーリンク

視聴方法

映画館

鑑賞前に注意したいこと

特にないです

婦人科関係の描写と濡れ場シーンはあり

概要

公開年

2022年

監督

山岸聖太

あらすじ

4組のカップル。それぞれが悩みを抱えていた

出演者及び役柄紹介

1組目

岡崎真知子(演:前田敦子)

デザイナー

朝井怜人(演:菊池風磨)

ヒモストリーマー

2組目

安西美和(演:伊藤万理華)

ギャル

万城目泰造(演:オカモトレイジ)

フリーター

3組目

北川七瀬(演:黒川芽以)

風俗嬢

飯島慎太郎(演:三浦貴大)

北川七瀬(演:黒川芽以)の客で、売れていた元子役

4組目

桜井鈴(演:趣里)

子役上がりのタレント

星川富(演:千葉雄大)

ボンボン、ゲイ

【ネタバレあり】感想

「なんで、あんな立派な子が、こんなクズと付き合ってるんだ?」のアンサーを垣間見た気がします笑

それぞれのカップルの部屋の装飾か細く、こだわりを感じました。見ていて楽しかったです

それぞれのカップル

同じ日に起きた別のカップルの話をオムニバス形式に描いており、お洒落でありました

最近のだと「ちょっと思い出しただけ」が日付に焦点が当たった演出で、楽しかったです

2020年1月15日

物語は2020年1月15日から始まります。コロナが流行りたての頃ですね

日本人の主食(今は落ちてはきていますけども)といえば、「米」。その米に対する4人の女性の扱い方にクローズアップされるシーンから始まります。最初は何かのメタファーなのかなと思ったのですが、メタファーではなく、それぞれの女性の考え方・人柄がわかるような演出なのかなと感じました

この頃はまだカップルたちは、ラブラブしているのがメインですが、ラストへの伏線(安西美和(演:伊藤万理華)の振込シーンなど)が張られています

2020年3月14日

時は流れ2020年3月14日、ホワイトデー

ちなみに、はじめての緊急事態宣言は2020年4月7日から始まり、ほとんどの人が不安に感じていた時期ともとれます

そして、2ヶ月も経つとクズ男が、クズの部分を見せてきます

2018年

4組のカップルは、実は別の組み合わせのカップルであったことがわかり、クズ男が前から変わらずクズ男であることが描かれます

  1. 岡崎真知子(演:前田敦子)×星川富(演:千葉雄大)
  2. 安西美和(演:伊藤万理華)×朝井怜人(演:菊池風磨)
  3. 北川七瀬(演:黒川芽以)×万城目泰造(演:オカモトレイジ)
  4. 桜井鈴(演:趣里)×飯島慎太郎(演:三浦貴大)

安西美和(演:伊藤万理華)が、朝井怜人(演:菊池風磨)へ毎月5万振り込んでいることがわかり、北川七瀬(演:黒川芽以)の息子の父親が万城目泰造(演:オカモトレイジ)だとわかります

2020年4月1日

ついに女性たちが、クズ男たちにキレ、別れを切りだします。男たちは家を出るわけなんですが

これで終わらないのが本作のキモ

「2018年と同じことをしているのではないか?」「クズ男であるけれど、自分は聖人君主なのか?」「そんなことない、隠し事はあるし」「クズ男でも、いてくれるだけでも嬉しい時もある」etcと女子4人の気持ちが一致し、バラバラに生活していた4人のセットが一つになり、4人が出会います

そして、謎パワーを発揮し、追い出す前に時が戻ってヨリを戻すわけです

「超越」ってこう言うことだったんだと思いました

恋愛というよりは母性くらいまで超越してるし、時間の概念も超越するという

個人的には、日付がエイプリールフールなの、じわじわきました笑

【最後に】「もっと超越した所へ。」

超越してしまった彼女たちの今後が気になるのと、あとは、エンドロールのオフショットがよかったです

映画イベント割についてのまとめはこちらから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました