「相棒シーズン21」初代相棒・亀山薫復活へ!サルウィンから初代相棒が帰ってきた!感想と考察

スポンサーリンク
テレ朝
映画イベント割についてのまとめはこちらから!
スポンサーリンク

キャスト

杉下右京(演:水谷豊)

警視庁特命係の警部。正義の人

亀山薫(演:寺脇康文)

初代、そして今回からの相棒。サルウィン親善使節団として日本に帰国する

感想

第一話

あらすじ

南アジアのサルウィンで腐敗政府を倒した、アイシャ(サヘル・ローズ)という反政府運動のリーダーが親善目的で来日する。なぜかパーティーに招待された右京(水谷豊)が、興味本位で会場に向かうと、そこにはサルウィンに渡っていた元相棒・亀山薫(寺脇康文)の姿があった。パーティーには、鑓鞍兵衛(柄本明)や片山雛子(木村佳乃)といった政治家や、外務省幹部の厩谷(勝村政信)など要人が招かれていた。厩谷は外交通で、アイシャをサポートするミウ(宮澤エマ)らサルウィン側との関係も良好な人物。会場はお祝いムード一色だったが、そんな中、薫のスマホに不穏なメッセージが届く。それは、『アイシャを殺さなければ、旅客機を墜落させる』という脅迫文だった。該当の便には、薫の妻・美和子(鈴木砂羽)が搭乗していた。到着までのリミットは4時間。右京と薫は、手分けして脅迫者を追跡するが、その矢先、会場の一角で、思いも寄らない事件が起こる。

公式サイト より引用

ゲスト

勝村政信 宮澤エマ サヘル・ローズ 木村佳乃 柄本明

感想

  • 亀山くん!!
  • 亀山薫強火担・伊丹刑事
  • 犯人は誰なのか
亀山くん!!

今回の目玉は、やっぱり亀山薫の復帰です

わたしは、相棒シリーズのほとんどのストーリーを見ているんですけど、やっぱり初代の相棒の復活って感慨深いものがありました

嬉しいと同時に、終わりの始まりといいますか、相棒シリーズがおそらく終わりに向かっているんだろうなぁという感じもして寂しい気持ちもあります

亀山薫強火担・伊丹刑事

亀山薫と言えばいたみん(伊丹刑事)との絡み!

冒頭で、出雲麗音(演:篠原ゆき子)が、サルウィンの動画を見ており、その映像をみた伊丹刑事はすぐに「サルウィンだ」とわかるわけです笑

いたみんは、確実にサルウィンの情報を追っかけてたんですよ

犯人は誰なのか

アイシャ (演:サヘル・ローズ)が自殺することになるわけですが、自殺するように仕向けた犯人は果たして誰だったんでしょうか

「トロッコ問題」(少ない命を犠牲に多い命を救うかどうか)のようなお話でして、今回は「飛行機の人々を救うorアイシャが死ぬか」というところ

でも、飛行機が爆発されるというのが実はハッタリで終わるのです(なんでアイシャを1人にしたんだよとは思いましたけど)

アイシャを殺したいのは、大きく分けて①サルウィン旧政府の人間②現行政府だと困る人間③私怨に分けられると思います

①サルウィン旧政府の人間

これはほぼ無いと思います。わざわざ日本で殺す必要はないです

②現行政府だと困る人間

日本政府も、取引のしやすい旧政府のほうが良いと考えていますが、殺害まで必要があるのか?微妙です

日本政府関係者の場合、日本語が堪能のはずなので、日本語翻訳が怪しいってことありますかね?(わざと?)

③私怨

1番可能性が高いのは、こちらでしょうか?

私の予想は、ミウ(演:宮澤エマ)が犯人です

アイシャのミウとの間に亀裂があったという話はないので、犯人そうというレベルですが、姉妹のように過ごしてきたアイシャに対して、比較的早く「殺そう」となったのが気になります

普通に考えれば、1番最後まで反対してもおかしく無いのでは?

第二話

あらすじ

テロ予告のあった旅客機は無事だったものの、サルウィン反政府運動のリーダー的存在だったアイシャ (サヘル・ローズ)が命を落とし、責任を問われた右京(水谷豊)は、謹慎を申し渡される。いっぽう、捜査一課では、脅迫されていた人間は、薫(寺脇康文)のほか、アイシャの親友ミウ (宮澤エマ)とその弟、外務省幹部の厩谷 (勝村政信)、サルウィンで人道支援を行っているNGOの幹部・尾栗江威子(菊池麻衣子)ら計6人いたという情報を把握。しかし、脅迫犯に関しては目星さえつけられていなかった。そんな中、アイシャの死に責任を感じていた薫は、“親善使節団のメンバー”という立場を利用して厩谷のもとに押し掛け、右京の捜査復帰を官邸に働き掛けてほしいと直談判する。ところが、そこに当の右京が現れ、「くだらないまねは慎んでください」と薫を一喝。2人は再会も束の間、早くもぶつかり合う。そして、また一人、新たな犠牲者が―――

公式サイト より引用

ゲスト

勝村政信 宮澤エマ サヘル・ローズ 木村佳乃 柄本明

感想

  • イタミンは厄介オタク
  • 二つ名増えまくる右京
  • 初回からハードモード
イタミンは厄介オタク

土下座は強要するのに、されるのは嫌がる厄介オタク

二つ名増えまくる右京

妄想モンスターという二つ名が増えて、「推測ですが」が「妄想ですが」になってしまうという

初回からハードモード

アイシャ (サヘル・ローズ)は、外務省幹部の厩谷 (勝村政信)の娘だと言うことがわかり、厩谷が犯人でした

初回から話が重いな

描写はないものの、厩谷はミウ (宮澤エマ)たちによって殺害されたと考えられます

第三話

あらすじ

池袋で輸入雑貨店の店長が殺害され、犯人が逃亡する事件が発生。現場近くで発見された血ぬれのフライトジャケットや目撃者の証言などから、薫(寺脇康文)が容疑者として浮上する。その後、被害者は覚醒剤の売人だったことが判明。さらに、薫は角田(山西惇)に事件絡みの前科者のリストアップを頼んでいて、その中に今回の被害者がいたことも分かる。美和子(鈴木砂羽)によると、薫は最近、運転免許試験場に異動させられていた当時に世話になった塩見(長谷川公彦)という人物について調べていたという。ただ、塩見は池袋中央署で会計課長の職にあった4年前、事故死していた。薫が逃亡を続ける中、右京(水谷豊)は独自の捜査を開始。いっぽう、池袋中央署の羽柴(波岡一喜)という刑事が、伊丹(川原和久)が薫の逃亡を助けているのではないかと上層部に進言し、伊丹は捜査から外されてしまう。そんな中、右京は塩見が死亡した当時、押収物が、署内から消える事件があったという情報をつかむ。

公式サイト より引用

ゲスト

波岡一喜、長谷川公彦

感想

第四話

あらすじ

右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)は、乗り込んだタクシーで血液の付着したマフラーを発見。運転手から直前の乗客の情報を聞き出すと、問題の男が帰宅前、唐突にロープを買っていたことが分かる。不穏な空気を察して追跡すると、男は両親の遺産を食いつぶして暮らす堂島(矢柴俊博)という独身の遊び人と判明。薫は、堂島の周辺で何か事件が起きていないか、伊丹(川原和久)に尋ねるが、捜査一課は先月発生した強盗殺人で、それどころではないとあしらわれる。右京は、堂島が何らかの事件を起こし、死を覚悟しているならば、警察を名乗るのは危険と考え、身分を隠して接触。行動を共にし始める。いっぽう薫は、右京の指示に従い聞き込みへ。すると、堂島が最近、若い女性と新生活を始める準備をしていたという情報が。被害者は、その女性…!? 右京と薫は、別行動を取りながら“何が起きているのか”を探っていくが、その過程できな臭い話が次々に浮かんでくる。

公式サイト より引用

ゲスト

矢柴俊博

映画イベント割についてのまとめはこちらから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました