【感想】「相棒シーズン20」デスゲームから始まるスリリングな展開

テレ朝

こんばんは ぬんです!

秋冬と元日の風物詩といえば相棒だと思っております笑笑

過去の壮大なネタバレも含むので気をつけてください!

スポンサーリンク

配信の有無

基本的にはTELASAで独占配信中ですが、一部アマゾンプライムでも配信があるようです

Amazonプライム・ビデオ

第1話『復活~口封じの死』

あらすじ

半年前の春。官房長官の鶴田翁助(相島一之)は、加西周明(石丸幹二)暗殺事件を主導しながら、愛人である柾庸子(遠山景織子)の“自白”によって罪を逃れた。そんな中、鶴田が師と仰ぐ元官房長官の朱雀武比古(本田博太郎)が、3年前に仮出所していたことを知った特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、裏に鶴田の思惑があったのではと探りを入れる。すると、拘置所に収容されている庸子の接見が突然、禁止となった。不審に思った右京と亘が事態を探りはじめた直後、鶴田が突如、“こてまり”に姿を現し、驚愕の事実を告げる。なんと、庸子が拘置所内で自殺したという。

冷徹で残忍な鶴田による“口封じ”を疑った特命係は、庸子の死の真相を突き止めるべく捜査を開始。同じく彼女の死に疑問を感じた元弁護士・中郷都々子(織田梨沙)も独自に動きはじめるが、やがて事件には想像以上に複雑な思惑と陰謀が絡み合っていることが発覚。そして、ついには、亘が逮捕される事態に――!

公式サイト より引用

感想

  • 相棒枠またしても逮捕の危機
  • 亀山君とカイトの話はエモすぎる
  • 殺し屋が怖すぎ
  • 中村刑事部長はまだ頭がおかしい
  • 準レギュラーキャラ大集合

右京さんのキレが増してる気がする

「何やら良からぬ物体が接近中です」と捜査一課たちのことを言ったり、「スマホなどお持ちであれば検索してみてください(右京さん語のggrks)」とかいったり初回から飛ばしてました

初見殺しの過去キャラ詰め込み回

シリーズを追っている人にとっては興奮ものなんですが、説明なさすぎる

加西周明(演:石丸幹二)など、最近の登場キャラがメインなものの、これはテラサに加入させるためのテレ朝の戦略?と言わんばかりの過去の登場キャラが目白押しでした

過去関連用語と人物紹介

第一話ででてきた初見殺しの用語と人物をざっくり解説します

ダークナイト事件

相棒3代目の甲斐享(演:成宮寛貴)が、暴力で制裁を与えており、逮捕されたというもの

享の父・甲斐峯秋(演:石坂浩二)の失脚にもつながり、相棒が逮捕でいなくなるというトラウマを与えた事件でもありました

朱雀(演:本田博太郎)

17年ぶりの登場。登場はシーズン3の第一話~第三話。当時の相棒は初代・亀山薫(演:寺脇康文)です

片山雛子(演:木村佳乃)を愛人にしていた人で、服役中でした

個人的には閣下(北条晴臣、演:長門裕之)や片山雛子の方がインパクトが強く、若干キャラは薄いですね

登場回のあらすじは こちら

小野田光顕(演:岸部一徳)
水谷豊×及川光博!映画『相棒─劇場版II─』予告編

杉下右京が「官房長ぅうううううう」と叫んでいる動画を見た方はいるのでは?

その叫ばれている側の人です

劇場版Ⅱ(2010年)で、殉職を遂げるのですが、朱雀は収監中だったため、知らなかった模様

加西周明(演:石丸幹二)

シーズン19のメイン悪役で故人。IT長者で政府とも癒着していました。柾庸子(演:遠山景織子)の差し向けた殺し屋によって殺されました

柾庸子(演:遠山景織子)

内閣情報調査室カウンターインテリジェンスセンター職員。今回の事件の渦中にある人物

裏で暗躍する影武者みたいな感じでしょうか

鬼石美奈代(演:坂井真紀)

青木(演:浅利陽介)も一目置く工科大学特任教授

高度な合成技術を作ることができ、冠城の犯行映像を作ることも可能

登場回のあらすじは こちら

中郷都々子(演:織田梨沙)

元弁護士で、柾庸子と同郷。

いいキャラしてたのに、なくなってしまって寂しい。。

第2話『復活~死者の反撃』

あらすじ

右京(水谷豊)と亘(反町隆史)が、自室で死んでいる中郷都々子(織田梨沙)を発見した。一見、自殺に見えるが、玄関は施錠されておらず、部屋が冷房で極端に冷やされているという、不可解な点もあった。それでも捜査一課は、都々子の死を、自殺として処理。納得いかない右京と亘は、捜査を続行しようとするが、亘が罪をなすりつけられた“鍵泥棒”の一件が尾を引く。形式上、特命係を統括している峯秋(石坂浩二)が、マスコミに糺弾されるなど、外部から圧力が掛かったのだ。背後には、官房長官・鶴田翁助(相島一之)の暗躍があると思われるが、尻尾を掴むことはできない。そればかりか、これまでの経緯から、亘が免職の危機にさらされる。しかし、ひるまない右京は、加西周明(石丸幹二)が遺した“鍵”に鶴田の弱点が隠されていて、それこそが一連の出来事の真相解明の足掛かりになると推理。右京と亘は、青木(浅利陽介)をともない、鍵が示す“ある場所”を訪れるが…!?

公式サイト より引用

感想

  • 鍵泥棒ではなく、あくまでレスキュー
  • 部長は正義の味方に
  • 整形と肉体改造はすごすぎる
  • 部長室の額が「規矩」に変更(前は「古轍」)

右京さん違法捜査うんぬん以前の問題

幾度となく嘘も方便で、違法捜査を行ってきた特命係。

ついにカギをすり替えるという犯罪を犯してしまうのですが、「レスキューです」の一点張り

久々のVRアバター特命係

加西周明のVR世界に入っていった特命係+元特命係・青木で今回は幕を閉じます。

今回は忍者の恰好だったんですが、先日聞いた日ハム・斎藤佑樹(*)の引退試合の映像がフラッシュバックしてしまいました笑

吉田 輝星の歌いっぷりはぜひみてほしいのでYoutubeおいておきます

*斎藤佑樹の登場曲は、「勇気100%」

杉谷拳士とゆかいな仲間たち『“100%大合唱”で斎藤佑樹を笑顔にする』

殺し屋ダイエット本だしてほしい

加西周明を殺した犯人と中郷都々子を殺した犯人が一緒であったことがわかりました

整形と減量のようなのですが、どうやったらそんなにムキムキになれるねん

教えてほしい

第3話『復活~死者の反撃』

ついに一連の事件決着へ

あらすじ

右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、青木(浅利陽介)をともなって、加西周明(石丸幹二)が生前、準備していた仮想現実の世界に足を踏み入れる。そこに、官房長官・鶴田翁助(相島一之)の“弱点”が隠されていると踏んだ右京たちは、加西のアバターに案内されるまま歩を進めるが…。

公式サイト より引用

感想

  • 右京さん(演:青木)、加西周明(演:右京さん)
  • 内長トップになる社美禰子
  • 官房長ぅうううううううううううう

節目のシーズンに小野田光顕

官房長官・鶴田翁助と決着がついたこともよかったですが、やっぱり小野田光顕が出てきたことがもう最高

右京さんが、鶴田翁助に、「小野田光顕の足元には及びませんよ(中略)虫唾が走る」とぴしゃりといいはなったのもよかったです

最後に官房長登場するのですが、あれは霊だったのか、通りすがりの晶さん(ドクターX)なのか、実は生きていたのか、謎が増えました

記憶にあたらしいフランスはめ込み

柾庸子(演:遠山景織子)が実は生きていて、フランスに生きていたというもの

その背景があきらかに合成。。

最近みたな、フランスはめ込み。(わたしは、「青天を衝け」でみました)

やっぱり海外ロケができないのはつらいですね

第4話『贈る言葉』

陣川くん現る

あらすじ

陣川(原田龍二)は、高校時代からの友人で、現在はゲームクリエイターとして活躍している鴫野大輔(黒田大輔)から結婚式のスピーチを依頼され、大張り切り。しかし、内容が今ひとつのため、鴫野が長年世話になっているというスピーチライターの宮森由佳(瀬戸カトリーヌ)を紹介される

公式サイト より引用

感想

  • 陣川は結婚についてかくかたりき
  • 業務中にゲームができるホワイト警視庁
  • 陣川くんの学生服姿は必見

毎度毎度振られまくりの陣川君、今回は男の友情でした(最後の振られて焼き酒がなかった。。。)

陣川君といえば、相棒のネタ枠笑 演じている方のプライベートのせいで少しブランクがあったときもありましたが、陣川君に罪はない!

シーズン14第12話「陣川という名の犬」がタイトル込みで最高にいい味だしているので是非見てほしいです!

第5話『光射す』

リアル亀再来!

あらすじ

角田(山西惇)は、水木(伊藤洋三郎)という顔見知りの元刑事が、落ち込んでいる姿を見掛ける。水木は、2か月前から行方不明になっている大学生の娘を探すため、警察官でありながらネットで情報提供を呼び掛け、問題になった人物。しかも、寄せられた情報は冷やかしばかりで、本人は騒動の責任を取って辞職していた。

公式サイト より引用

感想

右京さんが手のかかる亀(亀山薫)を飼っていたという発言が今回印象的でした。

相棒17にもリアル亀が登場していたので、2回目の登場。

「クリミナル・マインド」(アメリカのドラマ)の香りがただよう女性監禁事件が発生。法を犯した者は罰するという右京さんらしい幕引きでした。

第6話『マイルール』

あらすじ

福山光一郎(菅原大吉)というベストセラー作家が、一人暮らしの自宅で刺殺された。警察は、もろもろの状況から強盗殺人の線で捜査を開始。

公式サイト より引用

コメント

タイトルとURLをコピーしました