アン・ハサウェイ出演のおすすめ映画

俳優別

こんばんは! ぬんです

わたし的アン・ハサウェイ出演のおすすめ映画をまとめてみました!

「プラダを着た悪魔」、「パッセンジャーズ」、「マイ•インターン」はHuluでみました!

スポンサーリンク

プラダを着た悪魔

映画.comより

あらすじ

ひょんなことから、アンディ(アンハサウェイ)は、

一流ファッション雑誌のカリスマ編集長・ミランダ(メリル・ストリープ)のアシスタントになってしまう

ファッションなんて元々興味ない!

ミランダはハイレベルな要求をされるし!

業務時間外に鬼電は来るし!

仕事で彼氏の誕生日は祝えないし!

そもそもジャーナリスト志望なんだけど?

そんなアンディの運命はいかに

役名

アンドレア・サックス(アンディ)

鬼編集長・ミランダにこき使われるアンディ役

最初はファッションに興味がなくぼさっとした格好ですが、(←そもそもこの時点で綺麗)

ファッションに目覚めた後のアンディは最高にきれいでクールです

おすすめポイント

私生活か仕事か

ミランダは、二度目の離婚をするなど私生活を犠牲にして仕事をしています

ミランダの仕事ぶりを見て、アンディがどう決断するかが本作のオチでもあるのですが、

人生について考えさせられるものがあります

視覚的に楽しめる映像

ファッション業界なので煌びやかなさまざま衣装が登場します!

わたし自身はあまりファッションに興味がある方とはいえませんが見ていて飽きない映像です

パッセンジャーズ

Yahoo!映画より

あらすじ

セラピストのクレア(アン・ハサウェイ)は、飛行機事故の5人の生存者のケアを担当することになる

生存者が次々と失踪し、クレアの生活も不可解なことが起こり始める

本当に事故は人為的ミスだったのか?それともー

役名

クレア・サマーズ

セラピストで飛行機事故の生存者を担当する

おすすめポイント

意外な結末

事故を隠蔽したい航空会社との熱いバトルを行なって真相解明的な話だと思ったのですが、

社会派ミステリーではなくヒューマンドラマよりでした

展開が読めないので、面白いのですが想定と違う終わり方なので、好き嫌いが分かれるかも

アリス・イン・ワンダーランド

映画.comより

あらすじ

不思議の国のアリスが成長して二度目のワンダーランドを訪れる物語

役名

白の女王(ミラーナ)

赤の女王(悪役)の妹で、姉とは異なり穏やかな生活

天然

おすすめポイント

アン・ハサウェイがお綺麗

話も面白いんですが、白い髪なのに似合うアン・ハサウェイ!!

これにつきます笑

マイ・インターン

「マイ・インターン」公式サイトより

あらすじ

70歳のベン(ロバート・デ・ニーロ)が、ジュールズ(アン・ハサウェイ)が経営するファッション通販サイト会社にシニアインターンとしてやってくる

順風満帆にそうにみえるジュールズのプライベート(夫の不倫、子育て)や仕事についてベンが改善していく

役名

ジュールズ・オースティン

ニューヨークでファッション通販サイト会社の経営者

おすすめポイント

ベンがジェントルでチャーミング

ベンの人柄もこの作品の魅力の一つ!ジェントルな面もチャーミングな面もあって、自分の会社にもベンが欲しい!と思った方もいるのでは?

ベン、70歳ですがモテます!(ベンは妻に先立たれたおとこやもめです)

新しい恋人ができるのが、初デートが葬式というのは年齢を感じさせられてちょっと笑ってしまいました笑

プラダを着た悪魔と一緒にみたい

プラダを着た悪魔では、鬼編集長・ミランダにこき使われる役どころでしたが、

今回はこき使う方(言い方)にまわります

全くの別作品ですが、プラダを着た悪魔のアンディが成長したかのような感覚になるので

セットで見るとより楽しめます

魔女がいっぱい

映画.comより

あらすじ

両親を事故で亡くした僕は、祖母(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に慎ましく暮らしていた

そんな穏やかな生活が魔女の登場によって終わりを告げる

高級ホテルに逃げ込んだが、そのホテルでは魔女の集会が行われていた

魔女に見つかってしまい、僕はネズミに変えられてしまう

「世界中の子供たちをネズミに変える」という魔女たちの恐ろしい計画を止めるべく僕は奔走する

役名

大魔女

アンハサウェイ演じる大魔女は極悪非道な生き物

そして手足も隠しているけど本当は醜いという今までのアンハサウェイのイメージとは違うキャラクター

巻き舌いっぱい、怒声だしすぎのアンハサウェイは、ぜひ字幕で見てほしい!

おすすめポイント

衣装が鮮やか

魔女たちの衣装がとっても鮮やか!

小道具やホテルの装飾などなど視覚的にもとっても楽しめる映画でした

展開が読めない

原作未読のおかげもあって、何が起こるか予想できずハラハラドキドキ楽しめました

「まぁ、子供向けでしょー」と思って見に行ったこともあったので、いい意味で期待を裏切られました

オクタヴィア・スペンサーの演技

途中で主人公は、ネズミになってしまうので、人間は祖母(オクタヴィア・スペンサー)のみのシーンが多かったです

おそらくネズミはCGですので、そこにいるように思わせる演技もおすすめポイントです

まとめ

いかがでしたでしょうか?

どれもアン・ハサウェイの演技が光る作品です!

参考になれば幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました